施工事例case

耐震・全改修earthquake-resistant

Before After
構造用合板まで貼った写真です 構造用合板の後、壁紙を貼って仕上がりです。

 

≪京田辺市≫補助金を使用しての耐震リフォーム
  • 工事内容 耐震改修工事
    費用 128万円(内補助金100万円)
    工期 2週間
  • 耐震補強箇所
    • 屋根葺替(軽い屋根)
    • 内部補強 壁1箇所
  • お客様の要望

    京田辺の補助金を使って、出来るだけ安く耐震補強がしたい。

  • リフォームポイント

    京田辺市は評点0.7以上で補助金が交付されるので、屋根葺替工事と1階の室内で補強壁1箇所で補強が出来ました。

工事のながれ

▼下記画像クリックで拡大します▼

  • 室内補強 筋交
    構造用合板の下地

    壁の中に筋交を入れました。

  • 室内補強 補強金物
    下地に耐震用の金物を取り付けます

    柱の四隅には金物が入っています。

  • 室内補強 構造用合板上部
    釘ピッチを確認しながら構造用合板を貼ります

    柱と横架材まで構造用合板張っています。

  • 室内補強 構造用合板下部
    構造用合板貼付け完了です

    土台ともきちんと釘打ちしてあります。

  • 室内補強 床の仕上
    一部の床のみめくったので、めくった部分は新しく張替えました。

    既設の床と見切を入れて張り替えました。

  • 屋根葺替 工事前
    瓦葺き替え前は和瓦を使用していたので、躯体に負担が掛かっていました。

    瓦屋根の土葺です。非常に重い建物に分類されます。

  • 屋根葺替 瓦撤去
    瓦をどけると土が敷き詰められています

    瓦の下にはこんなに土が入っています。

  • 屋根葺替 桟下地
    残土はすべて撤去します

    土を全て撤去し、桟下地をします。

  • 屋根葺替 断熱材
    残土の代わりに断熱材をしっかり入れます

    土を撤去したら断熱性がおちるので断熱材を敷き詰めます。

  • 屋根葺替 コンパネ下地
    断熱材の上にコンパネ下地を貼ります

    断熱材の上から構造用合板を張ります。

  • 屋根葺替 ルーフィング張
    アスファルトルーフィングを張ります。

    コンパネの上に下から順番にルーフィングを張ります。

  • 屋根葺替 カラーベスト葺
    軽量瓦カラーベストを張ります

    仕上げのカラーベストを張りました。