施工事例case

介護改修barrier-free

Before After
トイレの手すり位置の確認 下地も取付けて手すりを取り付けました
≪枚方市牧野阪≫介護保険で手すり取付工事もできます
  • 工事内容 介護保険住宅改修工事
    費用 53,000円
    工期 1日
  • 仕様
    • 手すり
  • お客様の要望

    膝関節置換手術を施術後、立ち上がりに不安を覚えている。便座からの立ち上がりと一人でも風呂に入れるように浴室内に手摺を取り付けてほしい。

  • リフォームポイント

    手術を行った膝関節が右膝だった為、右側の立ち上がりに重きを置いた取付とした。便座からの立ち上がり用に右手側にI型手摺、浴槽跨ぎ用のI型手摺及び浴槽内からの立ち上がり用兼体勢保持用にL型手摺の提案をした。

施工前・施工後

▼下記画像クリックで拡大します▼

浴室のI型手すり 浴室のI型手すりを取り付ける位置確認
浴室L型手すり取付け後 浴室L型手すり取付前

工事のながれ

▼下記画像クリックで拡大します▼

  • トイレ工事前
    手すり取付工事前

    便座に座った状態から立ち上がりの補助の為、右手側にI型(600mm)の手摺を取り付ける事となった。

  • トイレ内手摺取付け後
    手すり取付工事後

    実際に取付位置を確認した際、体勢保持の為の手摺も欲しいと要望があり、L型(600mm×200mm)の手摺を取り付けた。下地が石膏ボードだった為ベースプレートにて補強した。

  • 浴室工事前
    タイル張りの浴室です

    浴槽跨ぎ用に水栓の上部にI型(600mm)と、浴槽内からの立ち上がり兼体勢保持用にL型(600mm×600mm)の手摺を取り付ける事となった。

  • 浴槽縁上部手摺取付後
    浴室用L型手すり

    浴槽内で体勢を変えられる時に、使い勝手の良い様に横方向に200mm長いL型(600mm×800mm)手摺を取り付けた。

  • 浴槽またぎ用手摺取付後
    浴室の手すり

    浴槽を出入りする際、最も重視した場所。浴槽が深く、縁を跨ぐ際に手術をした右膝が引っかかる為、全体重をかけても問題なく利用できるよう、実際に掴んでいただき取り付け位置を決めた。