「 屋根について 」一覧

屋根リフォームに関する情報

屋根に鳥よけのトップライト(天窓)の取り付け

東大阪のお客様で、鳥が屋根の上に留まるので
フン等の影響を考えて、追い払いたい。

そのために、屋根にトップライト(天窓)を付け
屋根から上半身だけでも出して追い払えるようにしたいとの事でした。
幸い、屋根裏収納があり工事自体は問題なく出来そうでした。

 

≪以前からあった屋根裏への出入り口≫

屋根裏への出入り口

屋根裏収納の壁部分と小屋裏との壁を大きく
空け開口枠をいれます。
最終ここには、建具が付くので大丈夫です。

 

≪開口部を開け建具を付けました≫

大きく開口しました

 

そして屋根裏に床板を張りステージ(床)をつくります。
ステージといっても、ベニヤを3枚張っただけですが
普段は隠れる部分なので、施主様もそれでOK!(^^)!

 

床はベニヤ張りしました

 

 

取り付け予定のトップライトを付けるのですが
屋根の垂木をカットしなければなりません。

 

建物が鉄骨であった為、C型チャンネルを切断し
窓の大きさに合わせて、事前に製作しておいた
鉄骨C型の枠を固定、窓を取り付けました。

 

≪C型チャンネル 通称:Cチャン≫

鉄骨のC型チャンネル

 

 

今回取り付けた天窓は、ベルックスの中軸回転タイプ
グルッと窓を90°まで回すと床の上に立って
半身を乗り出せそうです。

 

≪ベルックス 中軸回転タイプ≫

 

今回屋根の重ね葺き(カバー工法)の工事も同時にあった為
天窓には、専用の水切りを付け
IG工業のスーパーガルテクトを上張りし完了しました。

 

天窓の完成

 

今回天窓では、屋根の上に出る商品が
なかなか見つからず
ハッチを扱っているメーカーからも
勾配のある屋根には施工不可と言われ
色々探した結果、半身だけ乗り出す為の
ベルックス中軸回転タイプの取り付けが
ベターな案となりました。

 

これで、鳥がやってきても
追い払う事が可能となりました。

 

 

 




bnr_contact







ガルテクトを使用してカバー工法(屋根重ね葺き)をしました

こんにちは、丸橋です。

先日OB客様から、雨漏りがひどくて悩んでおられたお客様を紹介して頂きました。

 

中井建設施工事例:≪枚方市養父≫ガルテクト重ね葺き(カバー工法)

 

屋根カバー工法

 

まず、カバー工法(屋根重ね葺き)とは・・・

既存のコロニアル(スレート瓦やカラーベスト)の上に、金属屋根を重ね張りする屋根リフォームの方法です。

 

●カバー工法のメリット

・工事費用を抑える事が出来る。

廃材処理費や人件費やが抑えられます。

・断熱性が向上する。

既存屋根と重ね葺きをする屋根が2重になるので、断熱性や防音性が高まります。

・工期が短くなる。

葺き替え工事の約半分の日数でリフォームが出来ます。

 

●カバー工法のデメリット

・屋根が少し重くなります。

屋根材が2枚になる事で、葺き替えより屋根が重くなります。

 

 

 

 

カバー工法に向いていない屋根もありますので、一度現場を確認させて頂けましたら

最適なリフォームをご提案させて頂けます。

 




bnr_contact







屋根日和(和瓦から軽量瓦へ葺き替え)

朝から屋根に上っておりました。

高い所は好きなので、高さは全く苦にはならなかったのですが

暑さが・・・辛かった

行程途中の写真が撮れたので、ご堪能下さい(^^)b

 

*着工前

 

 

 

 

葺き替え前は新築の時から付いていた和瓦でした。

 

*瓦撤去・残土撤去

 

 

 

 

瓦の下には雨漏りを予防するための
沢山の土が入っています。
瓦とその土全て取っ払いました。

 

*断熱材

 

 

 

 

土が無くなった事で断熱効果も無くなるので
断熱効果が薄い屋根材の場合は
断熱材を入れます。

 

*下地

 

 

 

 

断熱材の上から下地を打ちます。

 

*防水シート(アスファルトルーフィング)

 

 

 

 

屋根材だけでは完全に雨を防ぐ事がほぼ不可能なので
防水シートを敷く事で、雨を屋内に侵入する事を防ぎます。

 

*屋根材を貼る

 

 

 

 

防水シートの上から軽量瓦を貼ります。




bnr_contact