「 断熱について 」一覧

断熱リフォームに関する情報

壁断熱・窓断熱・内窓断熱どの方法が一番良いか

先日お客様より、断熱性を向上させたいとお問合せを頂きました。

 

お悩みとしては「部屋が寒すぎるので断熱材を入れる等して
リフォームで暖かく過ごせるようにしたい。効果的な対策はありますか?」
とのことでした。

 

まず部屋が冷やされてしまう原因ですが
冬場に暖房を付けた部屋の場合だと
熱損失(部屋から熱がどこに逃げていくか)の割合を考えますと

 

熱損失 1位:窓等の開口部 51%

熱損失 2位:外壁     15%

熱損失 3位:換気     15%

熱損失 4位:床       7%

熱損失 5位:屋根      5%

熱の流出割合(冬の場合)
出典:(-社)日本建材・住宅設備産業協会省エネルギー建材普及促進センター「省エネ建材で、快適な家、健康な家」より

 

『部屋が寒い=断熱材だ!』と思われがちですが
上記の通り実際には、熱損失の割合が一番高い
『窓などの開口部』への対策こそを
一番に考える必要があります。

 

ただし、窓等の開口部以外にも

  • 外気の対流(風量)の増加による熱損失の増加
  • 日射による影響
  • 窓等開口部の面積や立地条件等
  • 現場の状況次第

そんな面も多いと言わざるを得ません。

 

今回ご相談頂きましたお客様とは、何度か打合せをさせて頂き
最終的には壁への断熱施工に加えて内窓サッシ
(今回はLIXILのインプラス)を取付させて頂きました。

 

断熱材も一般的によく使われるグラスウール(密度10kのもの)ではなく
高性能な商品を選定し、施工させて頂きました。
アクリアマット14K厚155ですと熱抵抗値が
4.1と格段に高くこちらを使いたかったのですが
今回は残念ながら壁内に収まりませんでしたので
アクリアマット24K厚100、熱抵抗値2.9を選んでおります。

使用断熱材の写真アクリアマット 24K厚100

 

 

 

 

 

 

【 使用した断熱材 】

 

 

断熱材の施工中

 

 

 

 

 

 

 

 

【 室内から断熱材を貼った所 】

 

 

 

後日別件で施主様とお話する機会があったので聞いてみましたが
「今年の冬はすっごく暖かかった!こんなことなら
さっさとやっておけばよかった!違う部屋もまたお願いします!」
とのお言葉を頂きました。

 

こうして施工させて頂いた内容を喜んでもらえた
この仕事をしていて本当に良かったと感じた出来事でした。




bnr_contact







断熱性と気密性を上げたリフォーム

OB客様の娘夫婦さんが、中古物件を購入したので
全改装リフォームのご依頼をいただきました。

中井建設施工事例:≪気密性を上げたリフォーム≫

 

築年数が30年以上経過したお家でしたが、鉄骨造でしたので
基礎等はしっかりした状態でした。

気密性の向上を重視されていたので、壁と床に断熱材を入れ
窓は全室複層ガラスで仕上げました。

収納も各部屋で増やして、水廻りは家事動線が向上するように
まとめさせて頂きました。

 

≪ 工事前 ≫

 

≪ 工事後 ≫




bnr_contact







断熱ガラスフィルム

先日、団地5階の(Mさん宅)窓ガラスに断熱フィルムを貼りました。

同様の工事は何度かしているものの、カタログに載っている効果が

(日射透過率低減、紫外線透過率低減、等々)どれ位効果があるのか半信半疑でしたが、工事後Mさんに(以前と比べて涼しくなったよ!(^^)!)

の言葉を聞いてガラスフィルムもありだなと思いました。ただ個人的にはガラスのみをペアガラスに入れ替えるアタッチメントタイプとか、

内窓サッシのインプラス、プラマードの方が効果があるのでいいような気もしますが・・・(7月まではエコポイントもつくし)

まま、今回はMさんからの依頼でもあり喜んでもらったのでマル☺マル☺です。




bnr_contact